相続税は税理士に税務相談を!

相続税は税理士に税務相談を!

このサイトでは、相続税のことは税理士に税務相談することを推奨していますが、推奨している理由やメリット、税理士の選び方など分かりやすく解説しています。
税金は複雑で分かりにくいものですが、税金の専門家でもある税理士に依頼すれば書類作成から申告手続きなどワンストップで行って貰うことも可能です。
また、税理士の中でも経験豊富な事務所に依頼することへの大切さにも触れています。

税理士に税務相談をするメリットや選び方を紹介!

税理士に税務相談をするメリットや選び方を紹介! 相続について、弁護士や税理士、司法書士や行政書士などの士業資格を持つ人に相談できます。
しかし、税務に関することは税理士の独占業務になるので、他の士業資格者に依頼はできません。
相続の中でも一番気になることは相続税になるかと思われますが、相続税のことについて依頼すると節税のためのアドバイスを貰えることもありますし、場合によって相続税が課税されないことが分かるなどのメリットもあるわけです。
しかし税理士といっても相続の相談をする場合には、相続税に強い専門家を選ぶことが大切です。
税理士事務所のホームページにアクセスを行うと、業務内容が掲載されていてその中に相続などに関する税務相談と記されているなど選ぶときには要チェックです。

相続税に関する税務相談が行われる各種ケース

相続税に関する税務相談が行われる各種ケース 相続税などの税務相談が行われる場合は、あらかじめ専門家のアドバイスを受けてより有利な節税を行いたい、遺産を受け取る遺族間で発生したトラブルを解決したいなどのケースが考えられます。
遺産額によっては多額のお金が動く相続税は、税金や法律に関する知識を持たない人にとって難しいものです。
トラブルが申告になってしまう前に、できるだけ早い段階で専門家に相談することにより、スピーディーな解決を目指せます。
法律事務所や税理士事務所が行っている税務相談の中には、初回の受付は無料としている場合があります。
どこにアドバイスを求めればいいのか判らない場合には、これらのサービスを活用するのも良い方法でしょう。
一口に法律事務所や税理士事務所とまとめてみても、それぞれ所属している弁護士や税理士の性格、あるいは事務所の方針によっても対応が異なります。
自分にもっとも合った事務所を探すためにも、複数のサービスを活用してみるのもおすすめです。
また、法律事務所や税理士事務所などは事前の受付もしています。
すでにトラブルが発生してしまったケースに加え、遺族の間に禍根を残すことなくスムーズに相続税の対策を終わらせたいといった場合にも活用できます。

相続時に重要となる相続税と遺産相続について

相続時に特に注意する必要があることとして、相続税と遺産相続があります。
相続税は基礎控除額が定められているものの高額な物件などを相続した場合、高額の税金を納める必要があり、お金を工面するために物件を手放さなければならないなどの可能性が生じることもあり得ます。
従いまして、あらかじめ相続を受ける可能性があるものとその資産価値については把握しておくことをお勧めします。
次に重要なことは遺産相続の制度です。
法定相続人が誰であり、その分配基準はどうなっているのか。
また、養子であるとか、前妻との間に子がいる場合などについては複雑になるので事前に整理しておくことをお勧めします。
借金がある場合などは相続しないという選択もできまし、限定相続という選択肢もあります。
ただしその選択をする場合に手続きやそのための期間等が定められているため、後の祭りにならないように早い段階から必要な知識をつけて準備をしておくことをお勧めします。

相続税の支払いを延納することは可能であるか

親の資産がどれほどあり、相続した場合にどれほどの相続税を納める必要があるのか把握されている方は少ないと思います。
例えば、配偶者、子二人の家族構成において言えば、基礎控除額が4800万円となりますので、これを超える額に対して相続税がかかります。
税率は金額によって変わりますが、例えば1000万以下であれば10%、5000万以下であれば20%、1億以下であれば30%などとなっています。
仮に1億円の価値があるマンションを相続した場合、基礎控除額を差し引いた5200万の30%にあたる1560万円を相続税として納める必要があります。
この額を一括で支払うことは人によって困難であるかと思います。
このため支払いを延納することが可能な制度が設けられています。
ただ、申請から承認までに長期(約3か月)を要すること、延納期間に応じて利子を支払う必要があることなどを認識しておく必要があります。
相続税だけでなく、相続の際は様々な手続き等が定められた期間内に実施する必要があるので、早い段階から把握しておくことをお勧めします。

相続税における基礎控除額の計算方法について

誰もが相続をする可能性があるものの、相続した場合にどれほどの税金を支払う必要があるのかを把握している方は少ないと思います。
相続税は相続を受ける金額によって税率が変わっており、例えば1000万であれば10%の100万円、1億であれば30%の3000万を相続税として支払う必要があります。
ただ、ある一定の資産額までは相続税が免除される制度が設けられています。
控除される額は相続を受ける人数によって異なるため、まずは法定相続人の数を把握する必要があります。
法定相続人の資格があるのは配偶者のほか、子、親及び兄弟姉妹ですが、その組み合わせや割合については、ここでの説明は省略し、基礎控除額の計算方法についてのみ説明します。
計算式は、3000万+(600万×法定相続人の数)となり、法定相続人が4人である場合は、3000万+600万×4=5400万が非課税となります。
相続税対策で養子をとるというようなことを聞いたことがあると思いますが、養子をとることにより法定相続人の数が増え、非課税額もこれに比例し増えることになります。

法人相続人への相続に関する相続税について

資産や財産をたくさん持っている人にとって、問題になるのが相続問題です。
できるだけ子供や孫といった法定相続人に相続税がかからないように相続したいというのが本音でしょう。
相続税を少しでも安くおさえたいのであれば、生前贈与しておくというのも一つの賢明な方法です。
特に相続人を法人相続人にしてしてしまうと、法人税はかかりますが相続税は免除になります。
また極力安く抑えたいのであれば、養子縁組などをして相続人をたくさん増やしていくという方法もあるのです。
孫やひ孫を養子縁組してしまい、被相続人を増やせば税金が安くなっていくのです。
生命保険なども節税対策には有効です。
生命保険金等の非課税枠を利用したり、生命保険金を一時所得として受け取るといったこともできるんです。
小規模宅地等の特例を利用する、家なき子特例を利用するという手もあります。
いずれにしても素人判断では脱税などと指摘されてしまうので、税理士や公認会計士に相談することをお勧めします。

相続税の加算税は注意しないと恐ろしいことに!

相続税は、一昔前まではお金持ちの人達の税金というイメージがありましたが、昨今の税制改正により一般庶民にも容赦なく課税される税金となりました。
所得税や法人税などと違い、亡くなったことを原因として課税されるため、専門の税理士でも相続税に疎い人は沢山いると聞きます。
私達素人は納税義務を負っているわけですから、納税がわからなかったり、納期限に間に合わなかったりしないように気を付けなければなりません。
しかし、申告に不備があったり納税に遅延したりした場合は税負担が重くなることがあります。
いわゆる加算税というもので過少申告加算や無申告加算というものです。
更に、これは特殊ですが重大な仮装や隠ぺいなどの財産隠しがあった場合などは重加算税というものが課税されます。
このように国税庁では、申告納税制度の定着と発展を図るため申告義務が適正に行われるように一種の行政制裁的な性格を有する方法で決められているのが現状ですので、税理士や公認会計士などとよく相談することをおススメします。

新着情報

◎2022/9/7

情報を追加しました

> 相続時に重要となる相続税と遺産相続について
> 相続税の支払いを延納することは可能であるか
> 相続税における基礎控除額の計算方法について
> 法人相続人への相続に関する相続税について
> 相続税の加算税は注意しないと恐ろしいことに!

◎2021/12/15

サイトを公開しました